歴史的遺産

フランス第二帝政期に始まり、パリ1区に位置する特別なホテル

1900年の万国博覧会のためにスタートしたホテル・レジーナは、芸術愛好家や擁護者によって設計されました。当ホテルは現在も設立者家族によって経営されています。

ホテル・レジーナの歴史

ホテル・レジーナ建設の際、レオナルド・トベールは当時の才能豊かなアーティストや高級家具師が集まるよう手配し、より優れたホテルづくりを目指しました。そして1907年にはホテル・マジェスティックが開業します。

彼は要人専用にホテル・ラファエルを1925年に開業するなど、華々しいキャリアが続きました。

このホテルの客室数を抑えたのは、トベール自身が大切にするくつろぎとプライバシーを保つためでした。

2010年は、ホテル・マジェスティック再オープンの年となりました。拡張、再検討、模様替え、改名の結果、ヴィラ&ホテル・マジェスティックが誕生しました。

以後、この家族グループは、レオナルド・トベールのかつてのパートナーであったコンスタン・バヴレの孫娘と彼女の娘によって経営されています。

フランソワーズ・ヴァヴレ夫人は祖父によって始められた伝統を保ち続け、娘でホテル・レジーナ社のゼネラルマネージャーであるヴェロニク・ボーヴェに手渡しました。

パリの3つのホテルという財産の所有者であるバヴレ家の物語は、いつまでも受け継がれます。

名高いホテルグループである ホテル・バヴレの創業者家族の3代目フランソワーズ・バヴレは、2010年6月30日、娘のヴェロニク・ボーヴェ=ヴァルクをゼネラル・ディレクターに任命しました。

10年以上にわたって同社の業務に全力を注いできた若き彼女は、アパートホテル、ホテル、プール付スパというユニークなコンセプトを採用するなど、ヴィラ&ホテル・マジェスティックにとりわけ現代的な息吹を吹き込む業績をすでに残しています。

フランソワーズ・バヴレ夫人は引退の権利を主張し、会社の取締役にとどまりました。

ホテル・バヴレ社は、以下のホテルを所有しております。

www.regina-hotel.com**** サミット・ホテルズ&リゾーツ
www.majestic-hotel.com***** プリファード・ホテルズ
www.raphael-hotel.com***** ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド

Photo01 - item
サイトマップ
閉じる
Version française English version Deutsch Version Versão brasileira русская версия